【トリビア】自販機のコイン投入口が縦と横2種類あるのは何故なのか…

コイン

みなさん、コインの投入口が何故、縦と横2種類あるのかご存知でしょうか。

そこには驚きの理由がありました…。

スポンサーリンク

コイン投入口のトリビア

自販機

普段何気なく使用している、自販機や券売機。

皆さん、コイン投入口に注目したことはありますか?

最近は電子マネーの普及も増え、あまり小銭を使うといったことが少なくなっていますが、

コイン投入口って縦と横の2種類あるのはご存知でしょうか。

『縦向き』と『横向き』の両方があるコイン投入口。

現在では飲み物やタバコの自販機は『横向き』が多く、

乗車券の自販機・券売機は『縦向き』が主流となっているようです。

じつは「なるほど」と言うような仕掛けがそこにはありました。

スポンサーリンク

その驚くべき理由とは?!

コイン投入口1

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、

自動販売機には入れられた硬貨・コインが本物かニセモノかを調べる『識別機』という装置が付いているんです。

ただ、コインを入れるだけの投入口ではないんですね…。

なんだか感心してしまいます。

コイン投入口に硬貨を投入し、

識別機が作動して硬貨が本物かどうかを確かめる…

判断の結果、硬貨が本物であると分かったと同時に、

購入した切符やドリンクが出て来る仕組みになっているようです。

 

そして、コイン投入口が『縦向き』と『横向き』に別れている理由とは、

券売機の場合、行列が出来るケースが多いですよね?

そのため硬貨を入れてから、この識別機に到達するまでの時間を少しでも短くするため、スピードが求められます。

投入口が『縦向き』だと、コインが転がりやすいので、早く識別機に到達し、

その分、切符が早く出て来ます。そのための『縦向き』らしいのです。

上手く作られてるなあと思いますね!

しかし、投入口が縦向きの場合、『硬貨を識別して収納する機械』が大きいらしく、

奥行きが必要となります。駅の券売機が壁面に埋め込まれているのはそのせいなのですね。

スポンサーリンク

また、それに対して飲み物やタバコの自販機の場合、

行列が出来るところって見たことがないですよね?

券売機のようなスピードは求められないため、

『硬貨を識別して収納する機械』が小さくて済み、

その分、商品の収納スペースを大きくすることが出来るそう。

または自動販売機自体の大きさを、スリムにすることが出来ます。

コイン投入口2

いかがでしたでしょうか。

普段何気なく使用している自動販売機や券売機ですが、

このように考えられた作りになっているとは驚きですよね。

関連記事

知ってた?iPhoneの電卓で間違えた数字を1ケタだけ消す方法…

よかったらいいね・シェアお願いします!