知らないと驚く、怖すぎるコアラの祖先とは・・・?

お菓子のモチーフになったり、ゆるキャラになったりと、とにかく可愛い印象のコアラ!でも実は、その祖先を調べたところ、かなり怖くてびっくりしてしまいました・・・!

スポンサーリンク

可愛くて大人気のコアラ

コアラは、もともとオーストラリア東部の森林地帯に生息する動物。

体調は約65cm-82cm、体重は約4kg-15kgと小さくてかわいいですよね。

ほとんど木の上で生活していて、ユーカリの葉を好んで食べています。

 

そんな可愛いコアラは、日本では様々なモチーフになっていますね。

例えば、

 

コアラのマーチ

 

大人気ロッテのお菓子「コアラのマーチ」のキャラクター。

これはもう日本人なら誰でも知っている人気キャラですよね。

 

パルコアラ

こちらはPARCO(パルコ)の公式キャラクターの「パルコアラ」。

耳がチェック柄になっていて、おしゃれですよね。

様々なグッズもパルコの公式サイトで販売されており、ひそかな人気があります。

 

ハナコアラ

自動車保険そんぽ24のキャラクター「ハナコアラ」。

 

CMでは「見直そう♪見直そう♪自動車保険を見直そう♪損保24で見直そう♪」と

リズミカルに独特なダンスを見せるキャラで話題になりましたね。

 

ドアラ

中日ドラゴンズの球団マスコットの「ドアラ」

こちらは可愛い!というよりキモかわいい!キャラとして愛されているようですね。

3mもあった!?コアラの祖先とは・・・

そんな可愛いイメージのコアラですが、祖先は一体どんな生き物だったのでしょうか!?

衝撃の祖先の画像がコチラ。

 

スポンサーリンク

 

うぉぉ!!!!怖い・・・!!!(笑)

人間と比較してこのくらいの大きさ。普通に熊くらいの大きさ!!デカイ!!

そしてコアラと比べて全く可愛くないですね。

 

アップにしてみると・・・

やっぱり全然可愛くない!!(笑)

 

コアラの祖先=ディプロトドン

こちらの生物はディプロトドンと言って、太古に生息していた史上最大の有袋類とされています。

この生物が生息していたのは、およそ200万年前~5万年前のオーストラリア。

 

この生物がどうやってコアラに進化したのか。

ディプロトドンの中に弱く生存競争に敗れたものがいて、そういった弱者は餌をもとめて木に登るようになったそうです。

この大きさで木に登れるのかは疑問ですが、その木に登ったディプロトドンが徐々に小さくなり、コアラに進化したと言われています。

ちなみに、ディプロトドンの中で強く地上で生活していたものたちは、ウォンバットに進化したと言われています。

「コアラ」「ウォンバット」「ディプロトドン」可愛さの程度に大きな違いがありますが、確かに比較してみると、顔と体つきは似ています。

それにしても、祖先はあんなに怖かったとは・・・小さく進化してくれてよかったと思ってしまいますね(笑)

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!