8歳の少年が父親の車を運転してマクドナルドへ!何で運転できるのwww

アメリカで8歳の少年が4歳の妹を乗せ、父親の車を運転してマクドナルドに行きました

なんと理由が「チーズバーガーを食べたかった」からwww

スポンサーリンク



8歳の少年が車を運転してマクドナルドへ

アメリカ・オハイオ州イースト・パレスティーンで、8歳の少年が父親の車を運転して、自宅から2キロ以上離れたマクドナルドに行くという出来事がありました。

少年は、YouTubeの動画を見て、車の運転の方法を覚えたそうです。

そして9日夜、両親が寝ている間に、助手席に4歳の妹を乗せ、マクドナルドまでドライブ。

途中の赤信号ではきちんと停車し、左折して入店する際も対向車を確認して優先させていたそうです。

しっかりと交通ルールを守っているのは凄いですね(笑)

少年がドライブスルー窓口の前で車を止めたとき、マクドナルドの従業員はてっきりいたずらで両親が後部座席に隠れているのだと思ったそうです。

結局、男の子が車を運転しているのを見掛けた人が警察に通報。

警察がやってきたことで少年は自分が何か間違ったことをしたのだと気付き、涙を流しながら「チーズバーガーが食べたかっただけ」と語りました

駆けつけた警察官のジェイコブ・ケーラー氏は、少年と妹がネグレクト(育児放棄)にあっている可能性も考えたというが、2人は朝・昼・晩にしっかりと食事を取っていたそうです。

子ども達は、呼び出された祖父母がマクドナルドに到着するのを待つ間に、チーズバーガーとチキンナゲット、フライドポテトのセットにありつけました。

その後、兄弟は警察署に連れて行かれ、最終的に両親が警察署まで子ども達を引き取りに来たが、処分はありませんでした

幸運なことに、この出来事による怪我人は一切出なかったそうです。

スポンサーリンク



ネット上の反応

・8歳で車の運転できるなんて天才だな!

・助手席に4歳の妹乗せるほど運転に自信あるんだな。

・歩きや自転車じゃなくて車という選択肢が出てくるところがアメリカ(笑)

・どんだけマック食べたいんだよwww

・そりゃアメリカ人太るわ(笑)

・真面目な話、マックの中毒性の怖さ・・・

・ケガ人出なくて本当良かった!

・親の管理責任とか何も処罰ないんだな。

日本では考えられない衝撃的な出来事です!

そんなにチーズバーガー食べたかったんですね(笑)

なぜ、歩きや自転車でなく車を使ったのか不思議で仕方ありませんが・・・

ネットでも言われているマクドナルドの中毒性を親は注意した方がいいかもしれませんね。

関連記事

【衝撃】ついに発覚!マクドナルドの肉の正体!

【閲覧注意】マクドナルドのハンバーガーを14年間放置!結果は?

【マクドナルド終了】ポテトフライに緑色ポテトが混入・・・

スポンサーリンク



よかったらいいね・シェアお願いします!