お風呂でおしっこは危険だった・・・皆してるじゃん(笑)何がダメなの?

お風呂でおしっこをしている人は多いと思います。

しかし、お風呂でおしっこをするのはとても危険だったのです。

どんな危険があるのでしょうか?

スポンサーリンク

お風呂でおしっこ

テレビ朝日の「マツコ&有吉の怒り新党」「お風呂でおしっこをするか」という話題が出ました。

マツコ&有吉の怒り新党

番組で取ったアンケートによると、男性は41%女性は35%が「お風呂でおしっこをする」と回答したそうです。(対象:18歳以上の男女500人)

もっと多いような気がしますが、女性などは恥ずかしくて言えないのでしょうね(笑)

マツコさんは、お風呂でおしっこをする事に対して、「別にいいじゃん、効率的だしそんなに汚いものじゃない。」と肯定的な意見でした。

有吉さんも「当然、風呂場でおしっこするでしょ。」と当たり前のように言い切りました。

スポンサーリンク

お風呂でおしっこは危険

しかし、お風呂でおしっこをするのは、汚い、汚くないではなく、とても危険な3つのリスクが隠されていました。

1.夜間頻尿の原因

お風呂でおしっこをする人は、夜間頻尿になりやすいと言われています。

睡眠時は布団に入っている事もあり、身体が温まって身体中がリラックスします。

これを、脳が無意識のうちにあっ、いつもおしっこをしている環境だと勘違いしてしまう事で、腎臓が尿の生産を始めてしまうのです。

夜間頻尿

本来、健康的な人間は寝ている時に抗利尿ホルモンが分泌され、尿の生産をストップする指示を出すはずなのですが、
脳が勘違いを起こす事でこのホルモンの分泌が妨げられてしまい、結果尿意を覚えて目覚めてしまうのです。

2.夜尿症(おねしょ)の原因

夜尿症

夜間頻尿の原因と同じで、身体が温まってリラックスする事で尿が生産され、
おしっこをしてもいいんだと脳が勘違いして勝手に排尿してしまう事が原因の一つです。

3.心因性頻尿の原因                          

身体は異常が無いのに頻尿に悩まされている・・・という人たちは心因性頻尿・神経性頻尿と呼ばれます。

精神的な問題により尿意を我慢できない症状の事ですが、お風呂で排尿する事も心因性頻尿の原因の一つと言われています。

心因性頻尿・神経性頻尿

通常、お風呂に入っていて尿意を覚えてもお風呂を上がるまで我慢するのですが、
お風呂でおしっこをする人は「尿意を我慢しない」習慣がついてしまいます。

少しでも尿意を感じた時にそのまま我慢できなくなってしまい、頻尿に繋がってしまう事もあるそうです。

週刊とは怖いですね・・・

自分ではそんな気がなくても、頭が勝手に勘違いしてしまうので、どうしようもないみたいです。

やはり、そうなってしまう前にお風呂でおしっこをするのをやめた方がいいですね。

なぜお風呂でおしっこをしたくなるのか

お風呂に入るとおしっこをしたくなるのには3つの理由がありました。

1.条件反射

トイレで排尿する時の水の音(ジョボジョボ)や流す時の水の音(ジャー)が人間には記憶されています。

条件反射

無意識下で水の音と尿意がリンクして、お風呂場等で水の音を聞くと反射的に身体が排尿の準備をしてしまうのです。

2.温かくて血行が良くなる

お風呂で温かいお湯に浸かったりシャワーを浴びると、血液の循環が良くなります。


すると、腎臓の動きが活発になり尿が作られやすくなります

3.リラックス効果

お風呂の湯船につかってリラックスすると身体中の普段緊張している筋肉がゆるみ、おしっこが出やすくなります

リラックス

このように、お風呂で尿意を覚える事には医学的根拠があるのです。

自分の体のためにもお風呂場でおしっこをするのは止めましょう。

関連記事

エアコンの「自動お掃除機能」は無意味だった!!それどころか有害!?ない方が絶対良いじゃん・・・

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!