寄付を集めるために150万個の風船を放った団体→その結果がかなり悲惨なものに…。

風船

アメリカのチャリティ団体がイベントで150万個の風船を放った結果、

なんと悲惨な結果になってしまった事件がありました…。

一体何が起きてしまったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

チャリティーイベントで放たれた風船150万個

風船を空に飛ばす光景ってよく映画などで見かけますよね。

最近では結婚式場でも飛ばしているのを見かけたことがあります。

しかし放たれた風船っていったいどこへ行くのでしょうか。

そんな大量の風船が放たれた後に、事件を起こったことがあります。

 

1986年、アメリカ最大のチャリティ団体ユナイテッドウェイのクリーブランド支部が、30年以上前に寄付集めを目的とした大がかりなイベントを開催しました。

なんとその内容というのが空に150万個の風船を放って世界記録を更新し、注目を集めようというもの。

世界記録更新の一大イベントは、9月27日にクリーブランド市街の広場で行われ、約2,500人がボランティアで集まって参加しました。

午後1時半頃、一斉に放たれた色とりどりの風船はクリーブランド市街地全体に広がっていきました。

風船

こちらが当時の風船が放たれた状況です。

徐々に大きなうねりとなっていった無数の風船に、人々は言葉を失くして見とれていたそうです。

確かに、色とりどりの風船が空に舞い上がっていく光景は幻想的ですね。

しかしこの後、無数の風船により予想していなかった影響が出たそうです。

スポンサーリンク

風船がもたらした悲劇とは一体?!

舞い上がっていった風船150万個は当然のごとくしぼんで地に落ちていきます。

驚くことに「放たれた風船がしぼんで落ちた後、そのゴミはどうするのか?」ということを当時考えていた人はいませんでした。

風船の影響をまず受けたのは、バーク・レイクフロント空港だったそうです。

しぼんで落ちた風船が滑走路に広がった為、一時的に空港を閉鎖する事となったそう。

船

他にも、エリー湖が風船で覆い尽くされたそう。

交通機関や自然環境にも影響が出てしまいましたね。

そんな中で、「釣り人2名が風船の嵐に巻き込まれて行方不明になった」という捜索願いが救急ヘリコプターの元に入ったそうです。

最後に目撃されたエリー湖で捜索が始まりましたが、風船に邪魔されて救出チームは2人を見つけることができません。

その後、なんと2人は遺体となって発見されました…。

スポンサーリンク

しぼんで地に落ちる風船の姿はまるで、「プラスチックゴミの猛吹雪」に見えたそうです。

その後ユナイテッドウェイ・クリーブランド支部はイベント主催者として、数々の事件の責任を負うこととなりました。

後先考えずに開催してしまったこのイベントのせいで、沢山の人や環境を犠牲にしてしまったようです。

各所に悪影響が出たイベントとして、多くの人々の記憶に残り続けているそうです。

よかったらいいね・シェアお願いします!