朝日新聞の投書に寄せられたエピソードに感動する人続出!?

ツイッターで話題になった妻からの書き遺し・・・

妻を看取った71歳の男性・・・何を想うのか

 

[media-groove]

 

『妻が願った最後の7日間』

朝日新聞 投書

<出典:P.P.ピンカートン>

 

ツイッターでとあるツイートが話題になりました

 

そのツイートでは朝日新聞に寄せられたとある投書を

 

「みんなにこれを……!」

 

とツイートし画像をアップロード

 

その投書は『妻が願った最後の「七日間」』という題

 

もうなんかこれだけで泣けてくるんですケド・・・

 

投書の内容は、71歳の男性が他界した妻を看取った後に入院ベッドの枕元に「七日間」と題されたノートを発見したというもの

 

ノートには

 

「神様お願い この病室から抜け出して七日間の元気な時間をください」

「1日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ」

 

と旦那を想う妻のがノートに綴られていました

 

詩の中で、二日目は下り掛けのマフラーや手芸を楽しみたい

 

三日目は身の回りを片付けたい

 

四日目は愛犬を連れてドライブに行きたい

箱根、思い出の公園で手を繋ぎながら歩きたい

 

五日目はケーキとプレゼントを11個用意して子供と孫の誕生会を開きたい

 

六日目は友達と女子会でカラオケをしたい

 

最後の七日目は

「あなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ 大塚博堂のCDをかけて ふたりの長いお話をしましょう」

 

そう綴られていたそうです

 

しかし妻の願いは叶いませんでした

入院が決まってすぐに不帰の人となってしまったのです

 

しかし詩の最後に綴られた

「私はあなたに手を執られながら 静かに静かに時の来るのを待つわ」

 

という願いだけは叶っていました

 

投書の最後には

「容子。2人の52年、ありがとう。」

 

旦那さんの最後の言葉で閉められていました

 

[media-groove]

 

ツイッターで感動する人続出・・・!!

感動

 

もうなんというか、胸から熱い思いが込み上げてきます・・・

 

ツイッターでもこのツイートに

 

いいね185,809

リツイート71,407RT

リプライ187

 

と多くの人から反響がありました

 

「素晴らしい」

 

「自分の妻も大切にしたいと思った」

 

「一日いち日は貴重な時間なんだ」

 

みなさん、この投書にハッとさせられたようです

 

[media-groove]

 

人生の最後の1週間、何をして過ごすか

病床

<出典:Amazon>

 

最後の1週間、なんて急に言われても想像なんてできませんよね

 

この投書を読んだ人たちは自分の家族の最後を思い出した人が多かったみたいです

 

読んだだけでここまで胸を熱くさせるなんて・・・

 

自分の家庭は問題だらけで早く離婚したい、そういう感想を持つ人もいたみたいですが、大切にしてあげましょう・・・!

 

[media-groove]

 

みんなの声

この奥さんの心には感動したけど
この旦那さんは死ぬ寸前の妻に何かを作ってやりたいとか何かをしてやりたいとは思わなかったんだろうか
と思ってしまった

 

嘘か本当かはわからん
でも、ジーンときた。
特に俺が45歳見込んでだからかな
毎日寂しくて気が狂いそうなんだ

 

善行を積んだら、最期の3日間は健康で好きなようにさせてあげる券くらいの
サービスはあってもいいよなあ
神様なんていないんだよ 

 

あっとういうまに亡くなってしまった・・・

判明してから何かをしてあげようと思っても、ボロボロになっていく身体に何をしてあげられるのだろうか

今日死んでも悔やまない生き方をしたいし、させたいですね

おすすめの記事