英Amazonでリュックサックを購入した家族が商品を開封してみると、なんと猛毒サソリが出てきたのです。

何故、こんな事が起きたのでしょうか!?

スポンサーリンク

Amazonでサソリ混入

英ウスターシャー州キダーミンスター、大型輸送車のドライバーをしているマット・ストレンジさんが英Amazonでリュックサックを購入した。

マットさんは、年会費を支払って「プライム」契約をするほどAmazonを利用しているそう。

マットさんのもとに小包が届いた時、マットさんは出勤しなければならず、小包はとりあえずキッチンへ置いた。

夜が明けると、彼の婚約者で2児の母親であるナターシャ・ジョーンズさんがそれを開封したという。

ダンボールの底からポロリと飛び出したのは、胴体がコイン・サイズほどの小さな動物。ナターシャさんは、死んだクモだと思ったが、それは猛毒を持つサソリだった。

スポンサーリンク

なぜ混入したのか?

一体なぜイギリスのAmazonの箱にサソリが紛れ込んでいたのだろうか!?

マットさんが購入したリュックサックのラベルの製造国がアジアとなっていたことから、現地でサソリが箱に混入したのではないかと考えられる。

このサソリについて、無脊椎動物の保護活動に従事する団体「Buglife」の社外取締役でサソリにも詳しいポール・ヘザリントンさんは、「サイズこそ小さいが世界で最も猛毒を持つ種類です。尾が途中でちぎれているため種類を特定することは困難ですが、小さなサソリの毒は得てして強力です」と解説。

これを聞き、ナターシャさんは、青ざめながら「地球を半周する間にサソリは絶命したのでしょうが、もしも生きていたらと思うとゾッとします。幼い子ならそれを口に入れていたかもしれません。うちの2人の子どもがそれに触れなかったのは幸いでした」と話している。

不幸中の幸いでサソリは絶命していたため、家族の誰かが猛毒サソリに刺されるという最悪の事態は免れましたが、荷物に猛毒サソリが混入しているなんて考えただけでも恐ろしいですよね。

Amazonでは以前にも生き物が混入していた

ロンドンの南西部に住むキャットさんという女性は、住んでいたアパートで使う新しいテーブルをAmazonで購入し、さっそく届いた商品を開封すると、なんとその中からネズミが7匹も出てきた

3匹は絶命していたが、4匹は元気に動き回っていたそう。

しかし、普通の人なら大騒ぎするところですが、キャットさんはなんとその4匹のネズミをペットにしてしまった

ネズミが混入していたことにも驚きですが、ペットにしてしまったキャットさんにはもっと驚きです(笑)

Amazonの荷物に生き物が混入していたという事例は、世界でも稀にあり、もしかしたら次はあなたのお家に届くかもしれません。

関連記事

ヤマトドライバーからamazonへ非難続出

スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
恐怖】の最新記事
  • 金魚
    【バカ】女性が祭りで取った金魚をトイレに流す動画を公開・・・常識がなさすぎて炎上
  • 【薬物】セクシー女優の麻生希、妊娠していた事が発覚…赤ちゃん薬漬け!?
  • 中国
    中国で19歳の少女が飛び降り自殺…野次馬が「早く飛び降りろ!!」飛び降り後に衝撃的なことを…
  • 富山県
    富山県で発砲事件発生。警官の銃を奪って銃撃…犯人は元自衛官との報道も
  • 大阪地震
    大阪地震で9歳女児が死亡、原因の落下したブロック塀構造が酷すぎる…
  • 小島一郎
    東海道新幹線の犯人、刑務所を出た後もまた犯行すると供述してしまう…
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。