踏切で後ろから自転車を押され高校生死亡。加害少年「起きたことは仕方がない」と反省の色ナシ。

踏み切り

一昨年に兵庫県で起きた踏み切り事故。

なんと自転車に乗った少年が後ろから押され死亡。

加害者の少年は反省の色がなく遺族は損害賠償を求め提訴したそうです。

 

 

スポンサーリンク

後ろから自転車を押され踏切で死亡

電車

兵庫県尼崎市にて一昨年、自転車に乗った男子高校生が、後ろにいたバイクに乗っていた少年に押され事故で死亡した事件がありました。

衝撃的な事件だったので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

今回、死亡した男子高校生の遺族が、バイクに乗っていた少年とその少年の母親に対して7600万円の損害賠償を求め提訴しました

訴状によると、事件の内容としては兵庫県尼崎市で自転車に乗っていた山内さん(当時16)がバイクに乗って時速49キロで走行中の少年(18)に後ろから足で押され、止まることができずに踏切に進入したところ、電車にはねられ死亡したというもの。

事故後に発見された山内さんの自転車は無残にもタイヤが勢いよく曲がっており、衝撃の大きさが見て取れます。

遺族は相当なショックを受けたと思いますが、加害者少年が追い討ちをかけるように遺族に「ある言葉」を放ったといいます。

スポンサーリンク

加害者少年が遺族に放った言葉とは…。

加害者の少年は傷害致死罪などで懲役4年以上6年以下の不定期刑が確定。

しかし、山内さんの母親は、その裁判での少年や家族の発言でひどく衝撃を受けたそうです。

亡くなった山内さんの母親 山内千恵子さんはこのように語っております。

 

「裁判官が質問する中で、彼は私たちに向かって『起きたことは仕方がない』と言ったんですよ。

全く反省がないんです。お金じゃないんです。一生償ってほしい、それだけです」

 

これは酷い言葉ですよね。罪の意識の欠片も無いように感じます。

このため、山内さんの両親は加害少年とその母親に対して、慰謝料など約7600万円の損害賠償を求める民事裁判を起こすことを決め、4日、神戸地裁尼崎支部に訴状を郵送したそうです。

これは勝訴してもらいたいですよね。

そして加害少年にはしっかりと反省してもらいたいです。

スポンサーリンク

ネットからの声

一生償え! 反省しろ!!

やっぱり親がバカなんだね

酷すぎる.. 血も涙もないってこういう人のこと言うんだね..

賠償命令出ても賠償金支払いせずに放置しそうな予感

少年や家族の発言ってことは、加害者家族も同じようなこと言ったのね。最悪の一家だな

無残な殺し方しといて、遺族の前でそんなこと言えるなんて人間じゃないわ

少年法いい加減にしろよ

よかったらいいね・シェアお願いします!