【音楽業界終了】2016年CDランキングが酷すぎるwwww

2016年のオリコンランキングが発表されましたがその内容が酷すぎるとして話題になっています。

 

スポンサーリンク

 

戦国時代の終焉

■2016年シングル年間チャートTOP20
1位 AKB48「翼はいらない」/152.0万枚
2位 AKB48「君はメロディー」/129.5万枚
3位 AKB48「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」/121.4万枚
4位 AKB48「ハイテンション」/120.3万枚
5位 乃木坂46「サヨナラの意味」/91.1万枚
6位 乃木坂46「裸足でSummer」/85.1万枚
7位 嵐「I seek」/82.9万枚
8位 乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」/82.8万枚
9位 嵐「復活LOVE」/54.1万枚
10位 嵐「Power of the Paradise」/47.2万枚
11位 欅坂46「二人セゾン」/46.8万枚
12位 SMAP「世界に一つだけの花」/39.3万枚
13位 欅坂46「世界には愛しかない」/39.3万枚
14位 欅坂46「サイレントマジョリティー」/37.7万枚
15位 SKE48「チキンLINE」/36.5万枚
16位 NMB48「僕はいない」/36.4万枚
17位 HKT48「最高かよ」/33.2万枚
18位 SKE48「金の愛、銀の愛」/32.4万枚
19位 Hey! Say! JUMP「真剣SUNSHINE」/30.9万枚
20位 HKT48「74億分の1の君へ」/30.5万枚

引用:http://www.oricon.co.jp/news/2083531/full/

こちらのランキングをアーティスト名だけ抜き出すとこのような形に

1位 AKB48
2位 AKB48
3位 AKB48
4位 AKB48
5位 乃木坂46
6位 乃木坂46
7位 嵐
8位 乃木坂46
9位 嵐
10位 嵐
11位 欅坂46
12位 SMAP
13位 欅坂46
14位 欅坂46
15位 SKE48
16位 NMB48
17位 HKT48
18位 SKE48
19位 Hey! Say! JUMP
20位 HKT48

完全にAKBグループかジャニーズか、という感じですねw

ちなみにAKB48は6年連続でTOP4を独占、ということです。
AKB含め、AKBグループやはり強いですね。

日本の音楽業界は群雄割拠の乱世の時代は終わりを迎え完全なる二国時代へ突入しているようです。

ちなみに私はSMAP以外1曲もわかりません。

10年前の年間ランキングは?

ちなみに10年前の2006年年間ランキングは以下のようになっています。

1位 KAT-TUN「Real Face」/103.8万枚
2位 レミオロメン「粉雪ー」/75.7万枚
3位 修二と彰「青春アミーゴ」/67.6万枚
4位 山下智久「抱いてセニョリータ」/59.8万枚
5位 KAT-TUN「SIGNAL」/56.6万枚
6位 EXILE「ただ…逢いたくて」/56.2万枚
7位 Mr.Children「しるし」/55.3万枚
8位 湘南乃風「純恋歌」/52.2万枚
9位 BUMP OF CHICKEN「supernova/カルマ」/48.8万枚
10位 Kaoru Amane「タイヨウのうた」/48.0万枚
11位 SMAP「Dear Woman」/41.5万枚
12位 Mr.Children「箒星」/41.3万枚
13位 KAT-TUN「僕らの街で」/41.0万枚
14位 倖田來未「4 hot wave」/39.0万枚
15位 TOKIO「宙船/do!do!do!」/37.8万枚
16位 福山雅治「milk tea/美しき花」/35.9万枚
17位 ケツメイシ「旅人」/34.2万枚
18位 SMAP「Triangle」/34.0万枚
19位 B’z「SPLASH!」/33.0万枚
20位 KinKi Kids「SNOW!SNOW!SNOW!」/31.7万枚

今ほど極端ではありませんがやはりジャニーズ勢が目立ちますね。
AKB48が入っていないのが意外な感じです。

AKB48は秋元康プロデュースにより誕生したのが2005年の12月8日ということなので2006年には活動はしていたはずですが、まだそこまで表舞台には出て来る存在ではなかったようですね。
(2006年の最高売上は「会いたかった」で約5万枚)

AKB48は2010年の「桜の栞」で初めて売上枚数40万枚を超え、その後「ポニーテールとシュシュ」が74万枚、「ヘビーローテーション」が88万枚、「Beginner」で初めて100万枚を超えた後は、その次のシングルこそ100万枚にいかなかったもののその後出したシングルは全て100万枚超えと尋常ではない売れ方をしています。

そう考えると随分前からいたような気がしますがAKBグループの大活躍もここ6年くらいの話だったんですね。

 

スポンサーリンク

音楽自体は売れなくなってきている

AKBグループは毎回ミリオン連発と景気が良いですが音楽市場自体は確実に縮小傾向にあるようです。

引用:http://www.garbagenews.net/archives/2042380.html

2006年には4619億円あった音楽関連の売上が、2015年には3015億円まで落ち込んでいます。

ちなみに2016年年間ランキング20位までを合計すると1330万枚、2006年年間ランキング20位までを合計すると993.4万枚、と20位までの合計売上枚数は2016年の方が多いです。

これはつまり全体的に音楽が売れなくなってきている中、AKBグループとジャニーズだけが突出して売れ続けているということですね。

秋元康とジャニー喜多川の才能に驚くばかりです。

これから音楽で食っていこう、生計を立てていこうとする方達はもはやCDを売るということではない別の新たな道を模索する以外になさそうですね。

 

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!