携帯番号「060」の開放準備が開始!「070」は残りわずか。

携帯電話

電話番号「060」の開放準備が開始されたと朝日新聞が報じました!

携帯電話番号の仕組みとからくりについてあなたは知っていますか?


スポンサーリンク

「060」から始まる番号が出てくる?!

携帯電話

2017年6月27日、朝日新聞によると高市早苗総務大臣は閣議後の会見で、携帯電話「060」の導入準備を始めたことを明らかにしたそうです。

「090」と「080」については全て割り当て済みで、「070」も2590万番号しか残っていないそう。

それだけ携帯電話が普及してきたということですね~。なんだか感慨深いです。

かつて「080」が導入された際は、一部で「090」にプレミアが付いたそうですが、

今や「080」どころか「070」も決して珍しい番号ではなくなりましたね。

この流れは進み、「050」や「040」の時代がやって来るかもしれません!

スポンサーリンク

070も残りわずか

携帯電話の番号が現在の11ケタになったのは、1999年のことだそうです。

当時の契約数は約5000万件でしたが、今年3月末時点(PHSを含む)では1億6272万件が契約されているといいます。

今、携帯電話やPHSの契約数は年800万件ペースで増加しているそう。

2台持ちの人も増えたり、会社で社用携帯が普及されたりもしますからね。

 

「070」が開放されたのは2013年のことだから、単純に考えれば4年で「070」が埋まりつつあるということになります。

このペースならば近い将来「060」の携帯番号が誕生するかもしれないですね。

 

また、「0×0」の電話番号は010から090まであり、

010は国際電話、020がポケベル、050はIP電話、070、080、090が携帯電話とPHSというように用途が決まっているのはご存知でしたか?

携帯電話の番号をめぐっては、利用者増を見込んで1999年に携帯電話を090、PHSを070に振り分け、ケタ数も10ケタから11ケタに増やしました。

その後の携帯電話の利用者増に伴い、2002年には080を追加し、

2013年には利用が伸び悩んでいたPHSの070を携帯電話にも開放するなど携帯番号の需要増に対応してきたという歴史がありました。

こんなに番号の在庫が少なくなってきている今、“番号12ケタ時代” もいずれやって来るのかもしれないです。

スポンサーリンク

ネットの声

「大阪っぽいな」

「プリペイド式携帯を廃止すれば解決しそう」

「契約者が増えているのに料金が下がらないのは何故なのか」

「いずれもう1ケタ増えそうだね」

「データ専用SIMやモバイルルーター、タブレットまで電話番号あるからね」

「一方で減り続けていく固定電話の番号」

「これも世の流れだな」

 

関連記事

NHKネット受信料を新設!ついにテレビのない世帯も対象に・・・

よかったらいいね・シェアお願いします!