【閲覧注意】クジラ2頭を丸呑みする巨大サメ・メガロドンが生きていた…

150万年前に存在したといわれる巨大サメ・メガロドンをご存知でしょうか。

クジラ2頭を丸呑みする大きさのメガロドンですが、

なんと近年でも目撃情報があるそうです…

スポンサーリンク

史上最強のハンター・メガロドン

メガロドンは約150万年前、海が比較的暖かった時代に生息していた巨大サメ。

もし今も存在していたら、史上最強のハンターともいわれています。

その大きさはなんと20m以上!

大きさの比較画像がこちら。

映画「ジョーズ」の人食いサメがホホジロザメなので、なんとその3倍の大きさ!

人間の乗っている船なんて丸呑みにされてしまう大きさです。

クジラの化石からメガドロンに嚙みつかれたと思われる歯型などが見つかり、

古代の原始的なクジラ類等を捕食してきたと言われております。

こちらが2頭のクジラを捕食しているメガロドンの比較イメージ図。

クジラが、イルカサイズに見えてきますね…。

海の温度が上がり、クジラが海の寒冷部に逃げ込んだこともあり、次第に絶滅していったそうですが、

なんと、近代でも目撃情報が多くみられることがあるそうなのです…

 

スポンサーリンク

1900年代でも目撃されている

こちらの写真は1942年に南アフリカにて撮影された写真。

ドイツ海軍のUボートの先に、海に浮かぶ 背びれと尾びれ。長さを計算すると全長20メートルあるのではないかと言われております。

人影が映っておりますが、かなり小さく見えてしまいますよね…。

こちらは、2013年に同じく南アフリカで撮影された写真です。結構最近ですよね。

右側に写るクジラを襲っているところのようです。左側がメガロドンの尾びれ。

この写真からも大体20メートルあるのではないかと言われております。

こうした目撃は太平洋・大西洋・インド洋から寄せられています。

150万年前に絶滅されたといわれるメガロドン。

人間のいる浅瀬には現れないと言われており、もし生存していても確認が難しいのですが、

生きている可能性はありそうですよね…。

 

ネットからの反応

・いるかもしれない!って、純粋にわくわく(ゾクゾク)しますね! 堅いこと抜きにして、素直に期待してしまいます。

・メガロドンかぁ…フカヒレ何人前とれるんだろうか

・海の中にかなり巨大な生物がおるのは間違いないと思う

・いやぁ怖いねえ顔が怖いよ

・海って想像もできないような生物がまだまだたくさんいそう

・遭遇したら嚙まれるってゆうか飲み込まれるんだろうね

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか。

体長は20メートルを越えていても、地球上の海の中を探すとなるとワインのコルクを探すようなものらしいです。

メガドロンが実際にいたら大変恐ろしいですが、絶滅したサメがいるってなんだかロマンを感じますね…。

関連記事

よかったらいいね・シェアお願いします!